改造、修理とレストアのお話

 
メーカー製のリグも、アップバーターを繋いだり、ちょっとした機能を付加するなど、改造したくなることがしばしばありました。
特に80年頃までの機器は、多少とも中身が理解しやすく、スペースにもゆとりがあったものです。

改造により、新たな使い方が始められたり、修理でよみがえったりするのは、嬉しい事です。

製作からウン10年を経過したリグは、新スプリアス規格にかなうように改造やレストアも必要です。

ささやかな改造、修理とレストアのお話をご紹介します。


   
FL-2100B改造のお話
HFリニアを、28、50MHz用に!
後日談 パラ止めから火花が!
タンク回路を、πマッチからπLマッチに増強!New!

FL-2100B修理のお話
リニア内部で、まさかのスパーク!

ピコトランシーバーと専用リニアのレストア記 
ピコ用リニアもスプリアス対策強化!

144MHz アップバーターの(プチ)改造記 
スペアナで見たら、四六のガマが!

430MHz アップバーターのレストア記 
手ごわかったUPVと、すんなり動いたリニア

144MHzポータブルアップバーターのレストア記 
半分諦めていたUPVも使えるものに!

FT-690mkⅡのレストア記 
パワー低下とスプリアスが解決!

塗装の失敗談
インスタントレタリングが泳いだ?!

 HFリニアアンプのスプリアス対策 New!
昔のリニアに、新スプリアス規格に向けた対策を!



50MHzポータブル機のレストア記 
愛着のポータブル機にもスプリアス対策強化!

50MHz ツインビームリニアアンプのレストア記 
リニアをピコ6の相棒に?

144MHz X球リニアアンプの(プチ)改造記 
ストリップライン式のじゃじゃ馬アンプが復活!

430MHz ローパスフィルターの試作 
UHFで初めて作った集中定数回路?

たたき込みによるパネルの穴ふさぎ法
要らない穴にサヨナラー

レストアを通じての保管へのヒント
恥を顧みない、ぶっちゃけ話







     Home Page